2100年の世界を創造する

かなりご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。。。
1月中はかなりバタバタとしており、とても多くの皆様に感謝感謝の毎日となりました。
そして、同時にいろいろとご迷惑をお掛け致しました。

そんな中で「素晴らしい方々」と「1冊の本」に出会い、大変貴重な気付きを頂きました。

本の名前
「2100年の科学ライフ」
もともとは、某企業の社長様から薦めて頂き、帰りの電車の中でAmazonを開き、ポチッと即購入しました。
現在の基礎研究をベースに100年後の世界を予想している点で、今までのSFとは全く違った本となっています。

本当に点と点が繋がって線になった感じがしました。
我々が今開発しているもの。パラダイムシフトの予想。テクノロジーハイプ。
グーテンベルクの活版印刷からルネサンス、現代への流れ。
テクノロジー進化の4段階の法則。コンピュータの流れとその類似性まで。

これが正解かどうか分からないし、世界が本当に変わるのかも分かりません。
それでも、自分はこのストーリーを信じたいと思っています。
なぜならば、自分たち1人1人がこのストーリーを創っていく主人公だからです。

最近、妙に現実に目を向け過ぎて、面白いことを考えれなくなってしまっていたので、反省。
そして、このことに気付かせて頂きました支援者の皆様、そして一冊の本に大変感謝しております。

2月、勝負の月(いつも言っている気がしますが・・・)
頑張ります!!!!!

岡田陽介