リベラルアーツと聞いて

ある記事にとても激しく同意したので、思うところを書こうと思っております。
リベラルアーツの内容では無く、なぜこれに激しく反応したかということ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130227/244292/

リベラルアーツと聞いてまず思うことは、自分は大変幸運だったということです。
リベラルアーツの重要性を高校生の時に知ることができました。

私が高校3年生の時、とても素敵な出会いがありました。
京都造形芸術大学の徳山詳直理事長です。
とても多くのことを勉強させて頂きました。
リベラルアーツとは、哲学とは、芸術とは、大学の使命とは。
最終的に京都造形芸術大学に進学することはありませんでしたが、今でもとても影響を受けています。
思い返せば、なぜあれほどの教授陣が集まっているのか分かる気がします。

会社の企業理念や設立趣意書を定めるときにも、

http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/bungei.html

を改めて見直しました。

リベラルアーツが題名なのに、リベラルアーツの話を全くしていないことに焦っていますが・・・
その話は次の機会に書こうと思います。